中古軽自動車の選び方:初心者が安心して選ぶための重要ポイント!!

この記事では、中古軽自動車の選び方について詳しく解説します。

車の購入は大きな決断であり、特に中古車の場合、その選択はさらに難しくなるかもしれません。

しかし、適切な知識と情報があれば、安心して最適な車を選ぶことができます。

本記事では、中古軽自動車の選び方について、荷物の量と種類、道路状況と走行距離、経済性、車両の状態など、様々な観点から詳しく解説します。

また、事故歴の確認方法や車体の状態のチェックポイント、メンテナンス履歴の重要性など、中古車を安心して選ぶための具体的なポイントも紹介します。

中古軽自動車の選び方は、専門的な知識が必要な場面もありますが、この記事を通じて、あなたが自信を持って中古軽自動車を選ぶ手助けになれば幸いです。

中古軽自動車の選び方

お金の上におもちゃの車が2台ある

軽自動車は、初めて購入する時の車や、都市部での移動に最適な車です。

中古車を選ぶ際には、価格以外にも様々なポイントがあります。

車の性能や燃費は、車を選ぶ上で最も重要なポイントのひとつですが、自分の使い方に合わせた性能や燃費を持つ車を選ぶことが、車を長く使うためには欠かせません。

また、保険料や税金、メンテナンス費用も、中古車を選ぶ上で重要なポイントのひとつであり、これらの費用が高額になる車は、長期的に見るとコストがかかってしまうため、注意が必要です。

これらの要素を考慮して、自分に合った車を選びましょう。中古車市場には、自分に合った車が必ずあります。

長く使える、安心して乗れる車を選ぶために、慎重に検討しましょう。

ここでは、中古車を選ぶ際に注意すべき点について説明します。

1.車種

中古軽自動車の選択は、まず車種選びから始まります。

車種は、乗車人数、荷物の量、運転する地域(都市部か田舎か)など、自分のライフスタイルによって決まります。

例えば、家族が多い場合や大量の荷物を運ぶ必要がある場合は、ワゴンタイプの軽自動車が適している一方で都市部での利用が主であれば、コンパクトな車種が適しています。

2.走行距離

中古車を選ぶ際には、走行距離も重要な要素です。

一般的に、走行距離が長いほど車の消耗が進んでいると考えられます。

しかし、走行距離だけで車の状態を判断するのは難しいです。

定期的なメンテナンスが行われていれば、走行距離が長くても車の状態は良好である可能性がありますが故障リスクが高くなるため、安心して長期的に使用することができない場合があります。。

3.整備記録

自動車の整備記録簿は、中古車を購入する際に非常に重要です。

整備記録簿には、車両の過去の整備履歴が記録されています。

これには、車両のメンテナンスや修理、交換された部品の履歴が含まれます。

これらの情報は、中古車を購入する際に非常に役立ちます。

整備記録簿を確認することにより、車両の状態についてより詳細な情報を得ることができます。

過去の整備記録を確認することにより、車両のメンテナンスが適切に行われていたかどうかを判断することができます。

また、整備記録簿により、車両の修理履歴を確認することができ、事故や重大な問題の有無を確認することができます。

整備記録簿は、中古車を購入する際に、車両の状態を正確に把握するために必要な情報源の1つです。

整備記録簿を確認することにより、車両の状態についてより正確な評価を行うことができます。

4.価格

中古車の価格は、車種、年式、走行距離、車の状態などによって大きく変わります。

予算に合わせて適切な車を選ぶことが重要です。

また、価格だけでなく、維持費(ガソリン代、保険料、税金など)も考慮に入れる必要があります。

これらの要素を考慮しながら、自分のライフスタイルやニーズに最適な中古軽自動車を選びましょう。

中古軽自動車選択のための詳細なガイドライン

黒板にガイドラインの文字と人の絵

中古車選びには、多くの要素を考慮する必要がありますので、その主要なポイントを詳細に解説します。

1.走行距離の確認:車の状態を判断する重要な指標

走行距離の確認は、車の状態を判断する上で重要な指標です。

一般的に、走行距離が短いほど車の状態は良いとされますが、初年度登録が古いのに走行距離が極端に少ない場合は、車が長期間使用されていない可能性を示すため、エンジンやバッテリーなどの機械部品が劣化している可能性があります。

但し、未登録車などの未使用車はお買い得と言えるでしょう。

一方、走行距離が多い車は、もともとの性能を発揮することが難しくなっている可能性があり、突然の故障や消耗部品の交換などで費用がかかる場合があります。

中古車選びでは、走行距離が適切であるかどうかを判断し、バランスを考慮することが大切です。

2.事故歴の確認:安全性と将来的な修理費用の観点から重要

事故歴の確認も重要なポイントです。

事故歴がある車は、フレームやエンジンなどの重要な部分に損傷がある可能性があります。

これらの損傷は、将来的に大きな修理費用を必要とする可能性があったり、購入後の数年後に他の車両と買い替える時に下取り価格が極端に低くなる可能性が高いです。

また、事故歴がある車は、安全性の観点からも注意が必要です。

近年では、事故車両を修理し、事故歴を隠す「事故車両の不正な流通」という問題もありますので可能な限り、信頼のおける販売店で購入するのが良いでしょう。

中古車と言っても高い買い物です。

最大限の知識を得て、悪質な販売店のカモにされて後悔しないように注意してください。

事故車・修復歴車を見分ける際のチェックポイント

●各ボディーパーツの隙間のズレ

ボディーパーツの隙間のズレがないかをチェックしましょう。

車のボディーパーツの隙間は均等であり、上辺と下辺の隙間に狂いがありません。

しかし、ボディーフレームがゆがんでいたり、構造上に狂いが生じている場合には不均等になっているので隙間や各パーツの取り付け部分を慎重に見る必要があります。

特に、ボンネット、フェンダー、ヘッドライト、テールランプ、トランクやドアの開閉を注意深く確認することが重要です。

●修理跡や塗装の剥がれ 、細かい部分の調色違い

  1. ボディパネルの隅や縁をチェックし、曲がっているか、傷や凹みがあるかどうかを確認します。このような傷や凹みは、車が何らかの事故に遭ったことを示す可能性があります。また、修復歴車である可能性もあります。
  2. ヘッドライトやテールライトなどのボディパーツをチェックし、色が違う、割れている、またはずれているかどうかを確認します。これらの部品が交換されている場合、修復歴車である可能性が高いです。
  3. ボディカラーを比較し、違和感があるかどうかを確認します。特に、ドアやフェンダーなどの交換部位に注意してください。色の違いがある場合、修復歴車である可能性があります。
  4. ドアやボンネットを開け、内部の塗装や裏側をチェックします。内部の塗装が新しい場合、車が修理されたことを示す場合があります。

しかしながら、プロでもない限り修理跡を見つけるのは難しいでしょう。

そこで磁石面を養生した(マスキングテープを貼ったり、ビニールテープ等で保護したもの)強力な磁石を用いてチェックしてみてください。

ボディ部分には磁石がつきますがヘコミ修理などをした場合にはパテ埋めを行っていますので磁石がつかないもしくは他の場所と比較してつき方が弱いです。

但し、購入前の展示車両に許可なく、磁石をつけたりすると車両にキズがついたり、場合には損傷させてしまう場合もありますので、くれぐれも、販売店に無断で行ったりしないように注意してください。

これらのチェックポイントを確認することで、故障や修復歴があるかどうかを判断できる可能性が高くなります。

中古車を購入する際には、このようなチェックを怠らず、安心して車を購入できるようにしてください。

●トランク内部やトランク下部にあるスペアタイヤ保管場所(最近はスペアタイヤ未積載が多い)

トランク内部やトランク下部にあるスペアタイヤ保管場所は、中古車を購入する際に事故車かどうかを判断するための重要なポイントの一つです。

これは、スペアタイヤ保管場所が事故によって変形していることがあるためです。

例えば、車が事故に遭い、そのためにスペアタイヤ保管場所が損傷を受け、修正された痕跡がある場合、それは事故車である可能性が高くなります。

そのため、中古車を購入する際には、スペアタイヤ保管場所をよく観察することが重要です。

スペアタイヤ保管場所が元通りに戻っているか、または修正された痕跡があるかどうかを確認することが必要です。

また、水没車などはスペアタイヤ保管場所が錆びていたり、水が溜まっている場合もありますので注意が必要です。

以上が修復歴車・事故車を見分ける際のチェックポイントです。

もし、これから購入予定の中古車に対して上記のポイントをチェックしてみて、少しでも違和感があれば、その車は購入しない方が良いかも知れません。

3.車体の状態:メンテナンスの適切さと使用環境の指標

車体の状態も重要で、車体には錆びや傷、塗装の状態などがあります。

これらの状態は、車が適切にメンテナンスされているか、または過酷な環境で使用されていた可能性があるかを示す可能性があります。

また、車体の状態は、所有者が車を大切に扱っていたかどうかの指標となります。

車体に目立つ傷やへこみがある場合は、修復歴がある可能性もあるかも知れません。

4.車のメンテナンス履歴:車のケア状況を示す重要な情報源

車のメンテナンス履歴を確認することで、車が適切にケアされていたかどうかを判断することができます。

オイル交換、タイヤ交換、ブレーキパッドの交換など、定期的なメンテナンスが行われているかを確認しましょう。

また、メンテナンスの記録がある場合は、車の状態をより正確に把握することができます。

多少、金額が高くても整備記録簿があり、マメに消耗品等が交換されている車が良いでしょう。

中古車を選ぶ際には、自分が求める車の性能や用途に合ったものを選ぶことが重要ですが車両本体以外にも費用がかかりますので、自分が思っていたよりも高いコストがかかってしまうこともあります。

そのため、中古車の選び方については、事前に情報収集することが大切です

中古軽自動車 選び方 初心者向け

初心者マークを手に持って笑顔の女性

中古車車を選ぶ際には、初心者でも理解しやすいように、以下のポイントを具体的に考慮することが重要です。

1.予算設定

まずは自分がどの程度の金額を車購入に充てられるのかを明確にします。

中古軽自動車の平均価格は約100万円~150万円前後ですが、車種や年式、走行距離により大きく変動します。

予算は車両価格だけでなく、自動車税や保険料、メンテナンス費用も考慮に入れて設定しましょう。

2.用途と走行距離

車をどのような目的で使用するのか、年間でどの程度走行するのかを考えます。

例えば、主に市街地で短距離を走行するのであれば、燃費が良く、小回りが利く軽自動車が適しています。

一方、長距離を走行する場合や荷物を多く運ぶ場合は、大きめの軽自動車や、荷室が広い車種を選ぶと良いでしょう。

3.メンテナンス費用

車のメンテナンスには、定期的なオイル交換やタイヤ交換、車検などの費用がかかります。

初心者は、これらのメンテナンスが容易で、部品の交換費用が比較的安価な車種を選ぶと良いでしょう。

4.車の信頼性

初心者は車のメカニズムに詳しくないため、故障が少なく、長持ちする車種を選ぶと安心です。

車の信頼性は、その車種の故障率や満足度などから判断できます。

また、中古車を選ぶ際には、車検証で走行距離を確認し、適正なメンテナンスが行われているかをチェックしましょう。

これらのポイントを踏まえ、自分のライフスタイルや予算に最も適した中古車を選びましょう。

初心者でも安心して車選びができるよう、知人やインターネットを通じて専門的な知識を身につけることも大切です。

初心者だからと言って無知のままで中古車販売店に行くと、高額なメンテナンスパックや質の悪い高額なカーコーティングのオプションなど、カモにされる場合もありますので注意が必要です。

可能であれば、事前に下準備(実際に店舗を見たり、口コミを調べたり、車の相場確認をしたりする)をして、購入の際は車に詳しい方と同伴で購入された方が良いでしょう。

中古軽自動車の相場

クオリティ、サービス、プライスの文字が書いた積木

中古車の軽自動車を購入する際には、相場の理解が重要です。

相場を知ることで、適正な価格で車を購入することが可能になりますが、車の年式・走行距離・車の状態などにより変動します。

また、時期によっても価格は変動するため、購入するタイミングも重要です。

例えば、年度末の3月や9月には新車の販売が盛んになるため、中古車の価格が下がる傾向があります。

中古軽自動車 4wdのメリット

海を見ながら車を箱乗りしている女性

中古車の軽自動車で4WDを選ぶメリットは、その優れた走行性能と安全性にあります。

4WDとは四輪駆動のことで、前後のタイヤが駆動力を受け取るため、雪道や泥道でのスタート時や悪路でも安定した走行が可能です。

これは特に日本の冬季や山間部での運転において、大きな利点となり、急な坂道や滑りやすい路面でも、車は滑ることなく安定して進むことができます。

4WDの新車は価格が高い傾向にありますが、中古車を選ぶことでそのハードルを下げることができます。

また、中古車市場では多様なモデルや年式の車が取り扱われているため、自分の好みやニーズに合わせて車を選ぶことができますが4WD車は燃費が悪くなる傾向があります。

具体的には、2WD車と比較して、4WDの軽自動車の燃費は約10%~15%前後悪化すると言われています。

これは、4WDシステムが車の重量を増加させ、エンジンにより大きな負荷をかけるためです。

そのため、4WD車を選ぶ際には、その燃費の悪化を考慮に入れる必要があります。

その一方で、その優れた走行性能と安全性から、多くの人々にとって魅力的な選択肢となっており、特に冬季や雪道、山間部での運転を頻繁に行う人々にとって、4WD車はその安全性と信頼性から非常に価値のある選択肢となります。

中古軽自動車 4wd おすすめの車種

RECOMMENDEDを押している仕草

中古車市場における4WDの軽自動車選択は、多くの要素を考慮する必要があります。

その中でも、特に注目すべきは、車両の性能、燃費、室内空間、そして価格です。

これらの要素を総合的に評価した上で、特におすすめの6車種をご紹介します。

スズキジムニー

●スズキ・ジムニー

コンパクトなボディと優れたオフロード性能で知られています。

ジムニストと称される愛好家たちからは「国内最強オフロード車」とも言われており、絶大な人気とと信頼を得ている一台です。

2018年7月、20年ぶりフルモデルチェンジとなった4代目は月間目標販売台数3,000台のところ、15,000台を上回り、1年半~2年の納車待ちとなりました。

最新モデルでは、R06A型ターボエンジンが搭載され、ジムニー専用のチューニングをされています。

また、4WDシステムは2H(2WD、高速ギア)、4H(4WD、高速ギア)、4L(4WD、低速ギア)の3つのモードを選択でき、ドライバーの運転状況に応じて最適な駆動方式を選べます。

 出典:スズキ

ダイハツタフト

●ダイハツ・タフト

ユニークなデザインと堅牢な構造で人気の軽自動車です。

DNGA(ダイハツ・ニュー・グローバル・アーキテクチャー)によるプラットフォームで軽量高剛性ボディのDモノコックを採用しています。

また、タイヤの外径が軽乗用車最大の165/65R15を装着し、最低地上高を高めに設定(190mm)。

強化された予防安全機能(スマートアシスト)はステレオカメラを採用し、衝突警報や衝突回避支援ブレーキ、夜間の歩行者検知や路側逸脱警報機能、ふらつき警報機能の追加など安全機能を強化しました。

 出典:ダイハツ

ホンダ・N-BOX

●ホンダ・N-BOX

広々とした室内空間と高い燃費性能で知られています。

また、2021年12月現在において軽最大級の広さを実現し、ベンチシート仕様、スーパースライド仕様、スロープ仕様など、生活スタイルに合わせたシートタイプを選べることができます。

さらに2022年の販売台数が202,197台を記録し、8年連続の軽自動車新車販売台数、第1位獲得するなどその人気が伺えます。

4WDモデルでは、電子制御によるフルタイム4WDを採用しており、安定した走行性能を提供します。

 出典:ホンダ

三菱・デリカミニ

●三菱・デリカミニ

2023年5月より発売され、瞬く間に話題性のある1台となった。

ekスペースの後継車としてプラットフォームはekシリーズと同じCMF-Aで加速時にモーターがアシストするマイルドハイブリッドを採用。

スタイリッシュなデザインと充実した装備で知られています。

最大出力は52馬力、(インタークーラー付きターボ:64馬力)最大トルクは60Nm(インタークーラー付きターボ:100Nm)を発揮します。

4WDモデルでは、電子制御によるフルタイム4WDを採用しており、安定した走行性能を提供します。

 出典:三菱自動車

ダイハツ・ミライース

●ダイハツ・ミライース

コンパクトなボディサイズ(全長3395mm、全幅1475mm、全高1510mm)が、狭い道路や混雑した都市部での運転を容易にします。このサイズ感は、駐車スペースの制約がある都市生活者にとって、非常に魅力的な要素となります。

また、4WDのエントリーモデルは、新車でも車両本体価格が992,200円という驚くほどのコストパフォーマンスを誇ります。

この価格帯で4WDの性能を手に入れられるのは、価格感度の高い消費者にとって大きなメリットとなるでしょう。

さらに、その燃費性能も見逃せません。4WDながらも23.2km/L(WLTCモード)という数値は、燃費効率の良さを示しています。

これは、燃料費の節約に直結し、長期的なランニングコストを抑えることが可能です。

 出典:ダイハツ

スズキ・アルト

●スズキ・アルト

全長3395mm、全幅1475mm、全高1525mmというサイズで、ダイハツ・ミライース同様に都市部での運転に適しています。

また、燃費は23.5km/Lとダイハツ・ミライースよりも優れており、ハイブリッドエンジン仕様もあります。

ハイブリットエンジンではR06D型エンジン+ISG(モーター機能付発電機)で加速時にモーターがエンジンをアシストするマイルドハイブリッドで4WDでも25.7km/Lの低燃費を誇ります。

 出典:スズキ

これらの車種は人気が高いため、中古車市場でも価格が高めに設定されていることが多いです。

それぞれが独自の特徴と魅力を持っていますので選択する際は、自分のライフスタイルや運転環境に最も適した車種を選ぶことが重要です。

中古軽自動車 4wd ターボの特徴

TURBO計器の画像

4WDのターボ車は、そのパワフルな走行性能と燃費効率の良さが特徴です。

具体的には、ターボエンジンはエンジンの排気ガスを利用してタービンを回転させ、その結果、生じる圧縮空気をエンジンに送り込むことで、より多くの酸素を燃焼させます。

これにより、小排気量でも大きな出力を得ることが可能となります。例えば、660ccのターボエンジンでも最大出力は64馬力、最大トルクは100Nmを発揮することが可能です。

さらに前輪と後輪の両方に駆動力を伝えることで、悪路や雪道などの滑りやすい路面でも安定した走行性能を発揮します。

これにより、都市部だけでなく、山間部や雪国などでも安心して運転することが可能となります。

ただし、ターボエンジンはエンジンの負荷が大きくなるため、メンテナンスには注意が必要です。特にオイル交換は定期的に行い、適切なオイルを使用することが重要です。

以上のように、中古車で4WDのターボ車は、パワーと燃費のバランス、そして走行性能の良さが魅力ですが、その一方でメンテナンスには注意が必要という特徴があります。

中古軽バンの魅力

走行しているスズキエブリイバン

 出典:スズキ

中古車の軽バンは、その経済性、実用性、そして多様性から、幅広いユーザー層に支持されています。

経済性

軽バンは、その小さなボディサイズと軽量な構造から燃費が良く、維持費も抑えられます。

例えば、ダイハツのハイゼットカーゴなら、WLTCモードでの燃費は14.7~15.6km/L(モデルによる)となります。

また、軽自動車税や保険料も軽減されるため、ランニングコストを抑えることが可能です。

実用性

軽バンは、その広い荷室とフラットな床面から、商用利用だけでなく、趣味やレジャーにも活用できます。

例えば、スズキのエブリイは、最大積載量は350kgで、後部座席を倒せば、長さ1400mm、幅1250mmの広大なスペースを確保できます。

●多様性

軽バンは、2人乗りのバンタイプから、4人乗りのワゴンタイプまで、多様なバリエーションがあります。

また、2WDと4WDの選択肢もあり、用途や生活環境に合わせて選ぶことができます。

次に、中古の軽バンでおすすめの車種をいくつか紹介します。

スズキ・エブリイ

●スズキ・エブリイ

スズキ・エブリイは、広大な荷室を誇り、その広さは一般的な商用車としての役割を果たすだけでなく、趣味やレジャーにも十分対応できるほどです。

フラットな床面は、荷物の積み下ろしや移動を容易にし、その使いやすさはユーザーから高い評価を受けており、2名乗車時の荷室床面長は1,955mm、助手席を倒すと床面長は2,640mmとなり、長尺物の積載が可能です。

また、商用利用だけでなく、アウトドア活動や大型の趣味用具の運搬にも適してり、荷物の積み下ろしが容易で、特に重い荷物を運ぶ際にはその利便性を実感できます。

 出典:スズキ

ダイハツ・ハイゼットカーゴ

●ダイハツ・ハイゼットカーゴ

ダイハツ・ハイゼットカーゴは、その頑丈な構造と一貫した信頼性から、商業的な目的だけでなく、個人的な使用にも広く支持されています。

この軽バンは、そのコンパクトなサイズと効率的な燃料消費により、都市部での運転に最適です。特に、その平均燃費は一般的な軽バンの中でも優れており、14.7~15.6km/Lを実現しています。

これは、都市部での頻繁な停止と発進を伴う運転においても、燃料効率を維持することができます。

以上のように、ダイハツ・ハイゼットカーゴは、その経済性、信頼性、そして耐久性から、商用利用だけでなく、個人利用にも人気の軽バンとなっています。

 出典:ダイハツ

ホンダ・N-VAN

●ホンダ・N-VAN

ホンダ・N-VANは、コンパクトなボディサイズに反して、驚くべき荷室の広さを誇ります。

全長3395mm、全幅1475mmという小さなボディに、最大で1410リットルもの荷物を積むことが可能です。

これは、都市部での運転において、駐車場所の制約や狭い道路でもストレスなく運転できることを意味します。

また、ホンダ・N-VANは、660ccのエンジンを搭載していますが、そのパフォーマンスは小さなサイズを超越しています。

このエンジンは、最高出力47kW(64PS)、最大トルク104N・mを発揮します。これにより、都市部だけでなく、高速道路などでも快適に走行することが可能です。

出典:ホンダ

これらの車種は、それぞれが独自の特徴と魅力を持っています。選択する際は、自分のライフスタイルや運転環境に最も適した車種を選ぶことが重要です。

また、中古車を選ぶ際には、車検証で走行距離を確認し、適正なメンテナンスが行われているかをチェックし、これらを理解した上で、自分に最適な中古軽バンを選びましょう。

中古軽バンのおすすめポイント

ポイントを示している笑顔の男性

中古軽バンの選択におけるおすすめのポイントは、その用途を明確にすることから始まります。

軽バンはその実用性から、ビジネス用途や趣味の道具運搬、家族のレジャー活動など、さまざまなシーンで活躍します。

以下に、中古軽バン選びのポイントを具体的に解説します。

●荷物の量と種類

荷物の量と種類は、軽バン選びの最初のステップです。

例えば、週に数百キログラムの重量物を運ぶ場合、荷室の広さは最低でも3立方メートル以上が必要となります。

また、特殊な道具や機器を運ぶ場合、荷室の形状や内装にも注意が必要です

●道路状況と走行距離

道路状況と走行距離は、軽バンの性能選択に大きく影響します。

例えば、年間を通して雪道や未舗装の道路を頻繁に走る場合、4WDの軽バンが適しており、1回あたりの走行距離が平均で100km以上であれば、燃費の良い車種や、長時間の運転でも疲れにくい快適な運転環境を持つ車種を選ぶべきです。

●経済性

軽バンの選択において、経済性は重要な要素です。

軽バンは一般的に燃費が良く、維持費も抑えられますが、車種によっては異なります。

例えば、一部の軽バンは燃費が15km/L以上となるものもありますが、一方で維持費が年間10万円以上かかる車種も存在します。

したがって、購入前には燃費と維持費のバランスを考慮することが重要です。

●車両の状態

中古車を選ぶ際には、車両の状態を確認することが重要です。

走行距離は10万km未満、車検証と整備記録は最新のものを確認し、適切なメンテナンスが行われているかを確認します。

特に、エンジンやブレーキなどの重要な部分の状態をチェックし、必要ならば専門家による評価を求めることも重要です。

これらのポイントを踏まえ、自分のライフスタイルや運転環境に最も適した中古軽バンを選びましょう。

また、中古車選びは専門的な知識が必要な場面もありますので、不明な点は専門家に相談することも重要です。

中古軽バン 4wdのメリットとデメリット

両手でメリットとデメリットの文字を持っているスーツ姿の男性

中古軽バン 4WDのメリットとデメリットについて詳しく解説します。

まず、4WD(四輪駆動)軽バンの最大のメリットは、その卓越した走行安定性です。

四輪全てが駆動するシステムは、荷物を多く積んだ状態でも車両の安定性を保つことが可能です。

これは、特に商用利用で頻繁に大量の荷物を運ぶ場合や、移動販売などで商品を積んで走行する場合に有効です。

例えば、一般的な2WD軽バンが荷物を500kg積んだ場合、後輪が滑りやすくなる可能性があります。

しかし、4WD軽バンでは、前輪も駆動するため、滑りにくく、安定した走行が可能です。

また、4WD軽バンは雪道や悪路でも優れた走行性能を発揮します。

これは、四輪駆動システムが全てのタイヤにトルクを均等に分配することで、タイヤが滑るリスクを最小限に抑えるからです。

例えば、2WD軽バンが雪道で走行すると、駆動輪が滑りやすくなり、車両がコントロールしにくくなる可能性があります。

しかし、4WD軽バンでは、全てのタイヤが駆動するため、滑りにくく、安全に走行することが可能です。

一方、4WD軽バンのデメリットとしては、燃費の悪さが挙げられます。

四輪全てが駆動するシステムは、エンジンの出力を全てのタイヤに分配するため、燃費が悪くなる傾向があります。

具体的には、同じ条件下で2WD軽バンと比較すると、4WD軽バンの燃費は約10〜15%悪くなると言われています。

これは、特に長距離を頻繁に走行する場合や、燃費を重視する場合には考慮すべきポイントです。

以上のように、中古車の軽バンで4WDを選ぶメリットとデメリットは、使用目的や走行環境により異なります。

荷物を多く積む、雪道や悪路を走行するなどの特殊な状況では4WDが有利ですが、燃費を重視する場合は2WDが適していると言えます。

これらの情報を基に、自分のニーズに最も適した軽バンを選ぶことが重要です。

中古軽バンの相場

黒板にチョークでVALUEとPRICEの天秤の絵を描いている手

中古車市場における軽バンの相場は、購入者にとって重要な要素となり、車の年式、走行距離、車の状態などにより変動します。

また、車種によっても価格は大きく変わるため、購入を検討している車種の相場を事前に調べておくことがおすすめです。

2023年の中古軽バン市場における主な3車種の相場は以下の通りです。

●ダイハツ・ハイゼット

相場は約80万円から130万円となっています。

走行距離や車の状態により価格は変動しますが、この範囲内で取引されることが多いです。

●スズキ・エブリイ

相場は約70万円から150万円です。

エブリイは燃費性能が良く、実用性が高いため人気があります。

●ホンダ・N-VAN

相場は約60万円から120万円です。

アクティはコンパクトながらも荷物をたくさん積むことができ、商用利用に適しています。

中古軽バン 4wd おすすめの車種

ダイハツハイゼットカーゴ

 出典:ダイハツ

中古車市場における軽バンの4WD車種の選択は、多くの要素を考慮する必要があり、特に注目すべきは、車体の耐久性、燃費、荷室の広さ、そして価格です。

この観点から、スズキの「エブリイ」やダイハツの「ハイゼットカーゴ」は、中古軽バン4WDのおすすめの車種として挙げられます。

スズキの「エブリイ」は、そのコンパクトなボディにも関わらず、荷室の広さと利便性で知られています。

特に、平均的な荷室容量は約2.5立方メートルで、一般的な軽バンよりも大きいです。

また、エブリイは4WDシステムを搭載しているため、積載量が多い場合でも安定した走行性能を発揮します。

さらに、エブリイの燃費は、一般的には1リットルあたり14.6~16.9km/L(WLTCモード)と、軽バンの中でも優れています。

一方、ダイハツの「ハイゼット」もまた、中古軽バン4WDのおすすめの一つです。

ハイゼットは、その耐久性と信頼性で知られ、特に商用利用においてはその性能が高く評価されています。

荷室の広さもエブリイと同等で、多くの荷物を積むことが可能です。

また、ハイゼットの4WDシステムは、荒れた道路や雪道でも安定した走行を可能にします。

しかしながら、これらの車種は人気が高いため、中古車市場でも価格が高めに設定されていることが多いです。

エブリイの中古車価格は平均で約70万円から150万円、ハイゼットは約80万円から130万円となっています。

これらの価格は、車の年式や走行距離、車体の状態などにより変動します。

これらの情報を踏まえ、最終的な選択はあなたのニーズと予算によるところが大きいです。

どちらの車種も、信頼性と機能性を兼ね備えた優れた選択肢であることは間違いありません。

しかし、それぞれの車種の特性を理解し、自分のライフスタイルやビジネスニーズに最も適した車種を選ぶことが重要です。

中古軽自動車の選び方:初心者が安心して選ぶための重要ポイント!!まとめ

テーブルにまとめのプロックと小物

ここまでの内容をまとめます。

中古軽自動車を選ぶ際には、以下のポイントを考慮することが重要です。

予算設定

自分がどの程度の金額を車購入に充てられるのかを明確にしましょう。

中古軽自動車の平均価格は約100~150万円前後ですが、車種や年式、走行距離により大きく変動します。

予算は車両価格だけでなく、自動車税や保険料、メンテナンス費用も考慮に入れて設定しましょう。

用途と走行距離

車をどのような目的で使用するのか、年間でどの程度走行するのかを考えましょう。

例えば、主に市街地で短距離を走行するのであれば、燃費が良く、小回りが利く軽自動車が適しています。

一方、長距離を走行する場合や荷物を多く運ぶ場合は、大きめの軽自動車や、荷室が広い車種を選ぶと良いでしょう。

メンテナンス費用

車のメンテナンスには、定期的なオイル交換やタイヤ交換、車検などの費用がかかります。

初心者は、これらのメンテナンスが容易で、部品の交換費用が比較的安価な車種を選ぶと良いでしょう。

車の信頼性

初心者は車のメカニズムに詳しくないため、故障が少なく、長持ちする車種を選ぶと安心です。

車の信頼性は、その車種の故障率や満足度などから判断できます。

また、中古車を選ぶ際には、車検証で走行距離を確認し、適正なメンテナンスが行われているかをチェックしましょう。

これらのポイントを踏まえ、自分のライフスタイルや予算に最も適した中古軽自動車を選びましょう。

初心者でも安心して車選びができるよう、知人やインターネットを通じて専門的な知識を身につけることも大切です。

初心者だからと言って無知のままで中古車販売店に行くと、高額なメンテナンスパックや質の悪い高額なカーコーティングのオプションなど、カモにされる場合もありますので注意が必要です。

可能であれば、事前に下準備(実際に店舗を見たり、口コミを調べたり、車の相場確認をしたりする)をして、購入の際は車に詳しい方と同伴で購入された方が良いでしょう。

以上が中古軽自動車の選び方についてのまとめでした。

これらのポイントを踏まえて、自分に最適な車を見つけてください。

error: Content is protected !!